オトナ思春期だってさ

「更年期=オトナ思春期」を楽しく前向きに過ごすために

気になる肝斑

1938858


シミは気になりはじめると、鏡を見るたびまず目につくようになります。
妊娠出産後から特に気になっているのがいわゆる肝斑

肝斑とは女性ホルモンのバランスが影響してできるシミで
オトナ思春期のシンボル的存在 (嬉しくないです) 

特徴としては、左右対称にほぼ同じ大きさ形で現れ
特にほほ骨のあたりの広い範囲にモヤモヤっと広がっているシミです。


閉経とともに薄くなったり消えたりするようですが、
30代〜40代の女性、それも50代後半まで鎮座されるなんて…
なんとかしたいとみんな思っているはず。


有名な市販薬でいうとトランシーノⅡがありますよね。



トラネキサム酸の内服を2ヶ月を目安に続けると改善されるようです。


私も3年前に一度トランシーノⅡを8週間飲んでみました。 
その時は効果があったような気がしますが、3年経ってまた出てきたのか
さらに濃くなってきてるようで最近気になります。

これがまた私の場合、マスクをするとよく目立つ目立つ。
白いマスクのきわでまったく隠れてくれないのです。

コンシーラーで隠そうとしても
なんだか余計にそこだけ浮いてるように見えるし隠すのはもう限界。


今、医療機関を受診しようか
再びトランシーノⅡを服用しようか迷っているところです。

トランシーノⅡはOTC医薬品といって処方箋なしで購入出来る医薬品です。
市販薬のためトラネキサム酸の含有量が最大750mgと決められているそう。


一方医療機関で処方してもらうと
トラネキサム酸の最大量も多くなりその分効果が期待できそうだし、
なによりやっぱりちゃんと皮膚科で診察してもらって
本気でケアしたいなと思ったりもしています。

ただ、美容皮膚科にいくと他の色んなところもキレイにしたくなって
キリがない気もするんですよね。めちゃくちゃお金をつぎ込んでしまいそう。


とりあえず今は本気で肝斑をどうにかしたいので
続報、お楽しみに。


にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ